南アルプス市の新築・リフォームは米山住研にお任せ下さい!

ホーム > 耐震改修工事
住まいプロホームウェル米山住研 LIXILリフォームショップリフォームコンタクト環境遮熱材宅建免震地盤JP

構造部分や主要仕上材を専用測定機器による診断で行います。診断内容をもとに、壁量や壁のバランスなどを、耐震診断ソフトによる工学的な分析に基づいて耐震性をチェック。建物の詳細から、症状に合った耐震補強を提案することができます。※耐震診断ソフトは、現行の建築基準法に準拠しております。

基本調査をはじめX線撮影やレーダー探査などにより、見えない部分も調査。 壁や床などを壊すことなく、精度の高い診断で、耐震性に不安があるかないかを、的確な対策方法で検討することができます。

リフォーム時に行える耐震補強を、「壁配置とバランス」「壁強度アップ」「接合部補強」「基礎補強」の4つの側面からご提案します。 診断結果に基づき、耐震診断ソフトを使用し耐震性能が高まるような壁の量や位置を割り出し、壁強度補強、接合部補強の位置などをプランニングします。

ts_05.gif

壁強度補強のプラン 

【調査内容】

・建物現況調査
構造部分、外部仕上部分劣化状況
・上記に基づいた耐震診断ソフトによる診断
耐震診断は在来木軸構法のみ可能

【調査内容】

[基本調査]・目視による外観劣化及び施工状況の調査
・寸法側手による部材寸法調査・レーザーレベルによる傾斜調査
[非破壊検査]・X線撮影による接合金物、基礎配筋の調査
・レーダー探査による基礎配筋の調査
・シュミットハンマー法によるRC強度の推定
[耐震診断計算]・壁量計算による耐震診断

ts_03.gif
壁配置とバランスを見る
ts_04.gif
壁強度補強のプラン

国土交通省認定金物を設置して壁の強度を3倍アップ!

①壁配置とバランス

建物の間取りや状態から壁のバランスを計り、補強が必要な位置を割り出します。

②壁強度アップ!(ホームウェルオリジナル「ハードロックⅡ」)

耐震性能で最も重要な要素は壁倍率(壁の強度)。

必要基準値が旧基準では0.6だったのに対し、新基準では1.0に引き上げられました。

トステムホームウェルの壁倍率はなんとリフォームでも基準を大幅に上回る3.0の強度。

国土交通省認定金物、ホームウェルオリジナル「ハードロックII」を使用することでこの強度を

実現しています。

ts_06.jpg

3.接合部補強

独自に開発した4つの「揺れガード」を接合部に使用し、強い揺れに襲われた時でも、

構造材の脱落を防ぎ、高い接合部補強を発揮します。

ts_07.jpg

4.基礎補強

既存住宅を調査し、既設基礎の外側に鉄筋の基礎を打ち増しして構造補強を行います。

※最新の建築基準に適合していることが証明されています

※中越地震でも耐震性能が実証された耐震補強で住まいと命を守ります。

ts_08.jpg